網膜・硝子体疾患の検査方法

視野検査

視野検査は、視野の欠損の有無や、見える光の感度低下を調べる検査です。

  • FDTスクリーナー

    視野のスクリーニングテストで、片眼約30秒程度で検査が終了します。見える光の感度を調べる閾値テストでも、片眼約4分程度で終了し、患者様にかかる身体的・心理的不安も軽減できます。
  • FDTスクリーナー

眼底検査

検眼鏡(3ミラー、NCスーパーフィールド、倒像鏡、双眼等)を通じて主に視神経や網膜を観察する検査です。この検査により眼底疾患の有無を調べることが出来ます。また、眼底カメラを使用することにより、眼底の写真を撮ることも出来ます。より詳しく調べるには、目薬をさして瞳孔を広げる散瞳検査を行います。
散瞳検査後 薬の効果が切れるまでは、光をまぶしく感じたり、近くにピントが合いづらく お手元が見づらい状態が数時間~半日ほど続きます。そのため、お車の運転はご遠慮いただいております。
※眼底検査は、ぶどう膜炎・緑内障・網膜剥離・視神経疾患・糖尿病性網膜症等の眼の疾患だけでなく、内科疾患(高眼圧症・糖尿病・肝臓病等)、脳神経疾患(くも膜下出血・硬膜下出血・脳腫瘍等)の発見につながる重要な検査です。

主な検眼鏡

3ミラー 

3ミラー

眼球にのせる際、角膜にレンズの装着を容易かつ密着させるためにジェル状の液を
使用します。
NCスーパーフィールド

NCスーパーフィールド

倒像鏡 倒像鏡

倒像鏡

双眼

双眼

眼底カメラ

  • 眼底カメラを使用することにより眼底疾患の有無を調べることができます。また、すぐに写真を印刷できますので、眼底の状態を説明させていただくのに大変便利な機器です。
    眼底カメラによる眼底撮影所要時間は5分程です。
  • 眼底カメラ

蛍光眼底検査

  • 蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、網膜の血管から血液の成分が漏れているかどうか、漏れていればその場所はどこか、といったことも判定できます。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症の診断には欠かせない検査です。血液の流れの状態や、通常の眼底検査では発見できない病変の状態を詳しく調べることができます。
    糖尿病網膜症の場合、レーザー光凝固術が必要かどうかを判断するうえで、蛍光眼造影底検査は大きな助けになります。
    当院では、同医療法人社団新宿東口眼科医院への紹介をしております。
  • 蛍光眼底検査

OCT

  • 近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。
  • OCT

見え方のチェックシート

アムスラーチャート

  • 格子状の図を見て頂き、片目を覆って中心の点を見ます。その時に線がゆがんで見えないか、欠けて見えないか視野欠損をおおまかに検出します。
  • アムスラーチャート

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名