代表的な網膜・硝子体疾患

代表的な網膜・硝子体疾患をいくつかご説明致します。

網膜疾患を見る ・ 硝子体疾患を見る



網膜の疾患

網膜裂孔 / 網膜円孔
目の内部を満たす硝子体は通常はゼリー状です。しかし歳をとると硝子体は液状に変化し、ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになります。その際、硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目ができる事があります。これを網膜裂孔といいます。
また、網膜が薄くなる状態(網膜格子状変性)が経年変化して網膜に生じる穴を網膜円孔といいます。
どちらも飛蚊症や光視症を自覚することがあります。
特に網膜裂孔は網膜剥離につながりやすいので、できるだけ早く診察を受けることが大切です。
網膜剥離
網膜の裂け目(網膜裂孔)から水が入ると網膜がはがれ、硝子体の中に浮き上がってしまいます。これを網膜剥離といいます。
裂け目ができた状態では飛蚊症を生じる事があります。
網膜がはがれると視野が狭くなり、剥離が網膜の中心部(黄斑部)に及ぶと急激に視力が低下します。
最悪の場合は失明に至ります。
糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)
糖尿病の合併症の一つです。糖尿病にかかると血液に糖分を多く含み、粘性が高くなるため、毛細血管をつまらせて血管壁に負担をかけます。そのため網膜に酸素や栄養が不足して、眼底出血や硝子体出血などの症状を示す網膜症となります。
進行すれば、網膜剥離をおこして失明に至るケースがあります。
加齢黄斑変性症
網膜の中心にある黄斑部が老化して、老廃物が蓄積されると網膜の下に新生血管が生え、視細胞の破壊や出血により視力障害を起こします。症状としては、網膜の中心部が悪くなるので、「ものがゆがんで見える」「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがはっきり見えない」等があります。
黄斑円孔
黄斑に接する硝子体が年齢の変化で変形し、網膜の中心部分の黄斑部を引っ張ることにより網膜に穴が開く病気です。症状としては中心部に穴が開くので、「見ているものの中心が欠けて見える」「ものがゆがんで見える」等があります。
黄斑上膜
眼の中の大部分を占める硝子体に変性が起こり、硝子体が網膜から離れていく時に黄斑に残ってしまうことがあります。それが厚くなり黄斑上膜になります。その他外傷・ブドウ膜炎など眼の中の炎症が原因となる場合があります。自覚症状がないこともありますが、黄斑に張った膜の厚み、収縮具合によりゆがんで見えたり見えづらくなることがあります。
中心性網膜症
正式には「中心性漿液性網脈絡膜症」といい、黄班部にむくみが生じる病気です。30~50代の働き盛りの男性に多く、通常は片眼に発生します。軽い視力低下や、物が小さく見える小視症、ものが歪んで見える変視症、中心部が見えなくなる中心暗点などがあります。黄斑付近の網膜に栄養分を供給する血管から血液中の水分がにじみ出て、この水分が黄斑付近に溜まることで発症します。原因は未だに不明ですが、ストレスが誘引になるといわれています。
網膜中心静脈閉塞(CRVO)
網膜中心静脈閉塞は、血圧の急激な変動や、あるいは血管そのものの炎症によって静脈の根元が閉塞してしまい、浮腫や出血を起こします。影響は網膜全体に及ぶため、視力が障害されます。合併症としては重度の視力低下のほか、眼内出血、緑内障があり、失明に至ることもあります。
網膜中心静脈分枝閉塞(BRVO)
分枝静脈閉塞症は、視神経乳頭から4方向に大きく枝分かれしている静脈のうちのいずれかに閉塞が起こります。出血や腫れが中心部に及んでくると、視力も低下します。糖尿病とならんで、眼底出血を起こす代表的な病気です。
網膜色素変性症
網膜色素変性症とは網膜に異常な色素沈着が起こる一連の病気のことです。網膜が壊れていくに従い、最初周辺が見えにくくなったり、暗いところが見えにくくなったりします。長い年数をかけて進行し、最終的には中心視野のみが残るケースもあります。
眼底出血
眼底出血は網膜表面の血管の破綻や閉塞することで起こる網膜の出血です。出血の量自体は微小で貧血などの原因とはなりませんが、重度の視力障害を来すこともあります。
光視症
光が当たっていないのに、視野の中心や端に光が飛んで見えたり、チカチカ・キラキラ光を感じる、硝子体の収縮により網膜が刺激を受けて起こる症状です。
黄斑浮腫
網膜の中心となる黄斑部に液状な成分がたまり、浮腫みを起こし視力が低下する病気のことを言います。糖尿病網膜症、網膜静脈分閉塞症、その他の原因から視力にとって最も重要な部位である黄斑部に浮腫が生じます。
網膜格子状変性
網膜にもともと弱い部分がある場合、そちらががどんどん薄くなり、最終的に穴が開いてしまう場合もあります。布をイメージするとわかりやすいかと思います。布が弱くなった部分は薄くなり、繊維のあみあみが見えると思います。網膜も同じような状態になります。これを網膜格子状変性(もうまくこうしじょうへんせい)と呼びます。
網膜細動脈瘤
網膜の動脈にコブができる網膜細動脈瘤は、高血圧や動脈硬化の人に多くみられる病気です。男性よりも女性に多く発症するという特徴があります。動脈硬化によって血管の一部に弱い部分ができ、そこに圧が加わって小さな袋のように膨らむことで網膜細動脈瘤が生じます。動脈硬化や高血圧のある人に多くみられます。

硝子体の疾患

飛蚊症
飛蚊症とは、視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状です。黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたり、視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように感じることもあります。
硝子体出血
硝子体出血とは、網膜の血管が破れ、網膜からの出血が硝子体にまでおよぶことです。通常出血の量は多いため、光が出血によって遮られ視力低下が起こります。出血の量が少量であれば、飛蚊症の症状が起こります。原因は様々ですが、糖尿病性網膜症、網膜中心静脈閉塞症、後部硝子体剥離、加齢黄斑変性によって起こります。眼の病気以外に糖尿病、高血圧から起こる事もあります。
硝子体混濁
硝子体混濁とは、何らかの原因で本来透明な硝子体に濁りが生じることです。飛蚊症や、視力障害となる場合もあります。原因は様々ですが、網膜剥離、ぶどう膜炎、毛様体炎、脈絡膜炎などで起こります。その他に硝子体出血や強度の近視、加齢などが原因の場合もあります。
星状硝子体症
星状硝子体症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さな球状の粒子が、正常な硝子体の中に蓄積する疾患です。視力低下はなく、それ自体はほぼ無害です。眼底疾患の治療で同時に除去する場合以外は、通常は手術で取ることはしません。この状態は、一般住民の約1%に存在し、高齢者に現れ、男性に多く発症します。通常この疾患の発生には家族性は見られません。そして、この疾患は糖尿病、高血圧、アテローム性動脈硬化症、痛風、および遠視に合併しています。
閃輝性融解
硝子体内に小さな結晶が多数浮遊し、下方に沈殿します。硝子体への大出血後などの失明した眼に見ることが多いものです。この疾患は硝子体内の結晶が特徴ですが、その粒子はコレステロールです。硝子体線維に付着していないので、眼を動かすと下に沈みます。この状態は特にまれな状態で、重篤な疾患の眼に見られます。
後部硝子体剥離
目の内部を満たす硝子体は若い頃は、通常透明なゼリー状です。この硝子体が加齢とともに変質し、繊維状の物質や濁りなどが生じてゼリー状から液状へと変化します。このため硝子体の中で水の塊ができ、これが巨大化すると硝子体が後部の網膜との接触部分から離れます。これを後部硝子体剥離と言います。

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名