網膜・硝子体の構造

眼の構造図

網膜とは、眼球の構成要素の一つです。眼球の後ろ側の内壁を覆う薄い膜状の組織であり、神経細胞が規則的に並ぶ層構造をしています。
視覚的な映像(光情報)を神経信号(電気信号)に変換する働きを持ち、視神経を通して脳へと信号を伝達します。
その働きから、カメラのフィルムに例えられています。


  • 黄斑とは、眼底のほぼ中央に位置する黄褐色の部分を指します。光の焦点が最も正確にあう、網膜のくぼみです。
    黄斑には、錐体細胞が密集しています。そして、錐体細胞以外の組織は極端に少なく、とくに黄斑の中心0.4ミリメートルの中心窩には、血管さえ存在しないほどです。
    これは、黄斑には光を遮るものがほとんどないことを意味し、この特殊な構造が、錐体細胞が密集していることと相まって、高い視力を作り出しているのです。
  • 網膜の写真(右目)
    網膜の写真(右目)


硝子体も眼球の構成要素の一つであり、水晶体の後方にあります。眼球の大部分を構成している透明なゲル状の組織で、タンパク質(コラーゲン)からできています。
光を透過させる性質を持っており、ガラス体とも呼ばれます。

その他の眼の構造

水晶体
カメラのレンズに相当し、毛様体と連動してピントを合わせる。
角膜
外膜を形成している透明な膜で光線の入り口。水晶体とともにレンズの働きをする。
強膜
角膜とともに眼球を形成する膜で、カメラのボディーに相当する。
虹彩
瞳孔散大筋と瞳孔活約筋があり、明暗によって眼内に入る光の量を調節する。
毛様体
虹彩を固定し、毛様体筋の緊張、弛緩によって水晶体の厚さを変えて網膜に像を結ぶようにピント合わせをする。また房水を産生する。
脈絡膜
毛様血管と色素に富み、網膜などへの栄養補給とカメラの暗室の役割をする。
房水(前房・後房)
角膜や水晶体に栄養を与えている透明な液で、毛様体突起で産生され、眼圧を保つ働きをする。
結膜
眼球の露出部を保護し、眼球運動を容易にする。
視神経
網膜に到達した光の情報を電気信号に変えて視中枢に伝えるケーブルの役割をする。
中心窩
眼底網膜の中で最も視力のよい部分。

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名