網膜剥離


網膜剥離の解説です。
当院では、眼底検査で状態を把握した後、可能であれば光凝固術を施行し、必要に応じ、硝子体手術のために病院を紹介しております。
ご予約はこちら

網膜剥離とは

  • 網膜剥離とは、神経網膜(光を感じる層)が外側の網膜色素上皮細胞(もうまくしきそじょうひさいぼう)から剥がれて、硝子体(しようしたい)の中に浮き上がってしまう病気です。
  • 網膜裂孔
    網膜の写真(右目)

網膜剥離の主な原因

中高年者の場合…加齢による硝子体(しょうしたい)の変化

目の内部を満たす硝子体は通常ゼリー状ですが、加齢により一部が液状化し、 ゼリー状の硝子体が眼球の動きに連動して移動するようになり、その際硝子体に網膜が引っ張られると、裂け目(裂孔)ができ、網膜が浮き上がって剥がれます。この現象は、加齢変化による生理的なものです。

若年者の場合…目の外傷

スポーツではボクシングの選手が引退に追い込まれることで有名です。また、テニスや野球などボールが当たった衝撃で起こることもあります。

その他

網膜に穴があかない網膜剥離として、糖尿病から起きる「牽引性網膜剥離」、炎症による「滲出性網膜剥離」があります。また、強度の近視からくる「黄斑円孔網膜剥離 」やアトピーが原因となる網膜剥離もあります。

網膜剥離の主な自覚症状

網膜剥離の初期症状
飛蚊症…黒い点やゴミのようなものが見える
光視症…光が当たっていないのに光を感じる
・視野の欠損…剥離した部分の視野が欠けてそこだけ見えなくなる症状
視力低下

見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。
痛みがないことから、気付かない事も多いようです。症状が出ない場合もあります。

網膜剥離の検査方法

視力検査をして、その後、眼底の詳しい検査をします。

眼底検査…眼底や、硝子体の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

OCT(光干渉断層計)・・・近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

網膜剥離の主な治療方法

レーザー光凝固術…網膜裂孔、網膜円孔の周囲をレーザーで焼いて固め、それ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。

●網膜剥離の手術
網膜剥離が生じレーザー治療では治療し得ない場合は、外科手術になります。手術には強膜内陥術、硝子体手術があります。
手術の場合は剥離の程度、術式、また施設によって異なりますが、1~2週間の入院が必要です。
※硝子体手術は、当院では行っておりません。

網膜剥離は、毎年1万人に1人くらいの割合で発症するといわれます。網膜剥離は、そのまま放置すると失明の危険性がありますが、早期に発見して、適切な治療をすれば視力が回復します。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名