硝子体出血

硝子体出血の症状・原因の説明です。
当院では、眼底検査OCT(光干渉断層計)などにより状態を把握し、必要により硝子体手術のできる施設を紹介しております。
ご予約はこちら

硝子体出血とは

  • さまざまな部位からの出血が、硝子体腔のなかにたまった状態を硝子体出血といいます。
  • 硝子体出血

硝子体出血の症状

出血は、多くの場合ですぐに止まりますが、硝子体はゼリー状の組織で、出血がとどまると吸収には2~3カ月かかります。出血少量であれば、硝子体にとどまっている血液が網膜に影を落として、飛蚊症を訴えることがあります。大量に出血しら場合には、血液により光が遮られ、見えにくさや視力低下などを訴えます。

硝子体出血の原因

最も多いのは、網膜新生血管が破れた事による出血です。糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など 網膜の血液循環が悪くなる疾患では、血液が不足している部分へ血液を送ろうと 新生血管(脆くて破れやすい血管)を作ります。
新生血管は、硝体の牽引によって、容易に破れ、硝子体出血となります。また、後部硝子体剥離を起こす際にも、硝子体出血を伴うことがあります。網膜が破れて起こるものと、網膜の破れを伴わないものの2種類があります。
他には、加齢黄斑変性や網膜細動脈瘤などによる網膜の下の大量の出血や、くも膜下出血があります。

硝子体出血の検査方法

眼底検査…眼底の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

OCT(光干渉断層計)…近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。


糖尿病性網膜症などに伴う場合、糖尿病・高血圧・血液疾患などの有無を他科を受診して調べていただく可能性もあります。
その他、硝子体の詳しい検査を行う際には、大学病院などへの御紹介を行っております。

硝子体出血の治療

出血自体は、短期で止まることがほとんどですが、硝子体はゼリー状のどろっとした組織なので、このなかに出血がとどまると、吸収には2~3カ月かかるのが普通です。
出血が少量の時は、硝子体中の出血が網膜に影を落として、飛蚊症を自覚します。突然、「墨を流したような影」を自覚したとの訴えがよく聞かれます。大量の時は光がさえぎられてしまい、霧視や視力の低下を起こします。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名