星状硝子体症

星状硝子体症の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。
ご予約はこちら

星状硝子体症とは

星状硝子体症(アステロイドハイアローシス)は片眼性で非炎症性の変化であり、小さなカルシウム等の球状の粒子が、正常な硝子体の中に蓄積する疾患です。
星状硝子体症 星状硝子体症

星状硝子体症の特徴

視力低下はなく、それ自体はほぼ無害です。人口の約1%に存在していると言われています。特に高齢者、男性に多く発症します。

星状硝子体症の主な原因

原因自体は今のところ不明です。
糖尿病、高血圧、アテローム性動脈硬化症、痛風、および遠視に合併して発症すると言われています。

星状硝子体症の検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査…眼底の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

星状硝子体症の主な治療方法

眼底疾患の治療で同時に除去する場合以外は、通常は手術で取ることはしません。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名