閃輝性融解

閃輝性融解の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。
ご予約はこちら

閃輝性融解とは

  • 閃輝性融解(硝子体閃輝症)とは、黄金色のキラキラと輝く小さな結晶が硝子体(眼球の内部の大部分を満たしている無色透明のゼリー状のもの)内に多数浮遊している状態を言います。これは肉眼でも確認できます。別名、眼コレステロール症と呼ばれており、黄金色の粒子はコレステロールの結晶です。硝子体の下方部に沈殿しており、眼球運動により、硝子体内に舞い上がります。
  • 閃輝性融解

閃輝性融解の特徴

稀に重篤な眼疾患の末期にみられる症状で飛蚊症を伴う。粒が星状硝子体症より粗く大きいのが特徴となります。

閃輝性融解の主な原因

重篤な眼外傷や眼内の炎症、網膜出血などにより、ぶどう膜や網膜の細胞が懐死し、代謝障害が起きると、硝子体内にコレステロールの結晶が出てくると言われています。

閃輝性融解の主な自覚症状

飛蚊症(視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える)

閃輝性融解の検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査…眼底の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

閃輝性融解の主な治療方法

眼組織の強い障害が起こっているため、原因疾患に対する治療および対象的に消炎剤投与などを行います。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名