後部硝子体剥離

後部硝子体剥離の症状・原因の説明です。
当院では、眼底検査で状態を確認し、その後も定期的に観察させていただいております。
ご予約はこちら

後部硝子体剥離とは

  • 硝子体という眼球内部を満たしている組織が、加齢等の原因により収縮し密着していた網膜から離れている状態です。

    ワイスリング/weiss ring:視神経乳頭縁に接する部分の硝子体が、乳頭の形に対応してリング状に剥がれる事があります。この特徴的な線維性混濁は、ワイスリングと呼ばれます。「輪のような形の浮遊物が見える」というような自覚症状を訴える事もあります。
  • 網膜

後部硝子体剥離の主な原因

ほとんどの場合、加齢性の変化により起こります。硝子体とはタンパク質が大量の水分を含んだゼリー状の組織で、年齢と共に硝子体が液状化し 容積が減ってきます。その結果、網膜と硝子体の間にすき間が生じてしまいます。

後部硝子体剥離の主な検査方法

●視力検査

●視野検査

眼底検査…眼底の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

蛍光眼底検査…蛍光剤を血管内に送り込み、眼底の血流状態を写し出す事が出来るため、上記の眼底検査よりも精密な眼底写真を撮る事が出来ます。

アムスラーチャート…格子状の図を使用し、片目を覆って中心の点を見ます。その時に線がゆがんで見えないか、欠けて見えないか視野欠損をおおまかに検出します。もし見え方に異常がある場合は加齢黄斑変性症の疑いがあります。

主な自覚症状

代表的なものは「飛蚊症」、「光視症」です。黒い点やゴミのようなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきる硝子体混濁が原因のものと判別しづらく、見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。
また、裂孔・円孔が進行し網膜剥離を引き起こしていると、視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

主な治療方法

定期的に眼底検査を行い、経過を診ていきます。
症状が進行し、網膜裂孔網膜円孔を引き起こすとレーザー光凝固術を行う場合もあります。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名