網膜円孔


網膜円孔の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査レーザー治療をしております。
ご予約はこちら

網膜円孔とは

  • 網膜が薄くなる状態(網膜格子状変性)が経年変化して網膜に生じる穴が網膜円孔です。
  • 網膜裂孔
    網膜の写真(右目)

網膜円孔の主な原因

網膜格子状変性に伴う経年変化である事がほとんどです。

網膜円孔の主な症状

代表的なものは「飛蚊症」、「光視症」です。
黒い点やゴミのようなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきる硝子体混濁が原因のものと判別しづく、見えるものが急に変化した時は特に注意が必要です。
又、網膜裂孔・網膜円孔が進行し網膜剥離を引き起こしていると、視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

網膜円孔の検査方法

眼底検査…眼底や、硝子体の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

網膜円孔の主な治療方法

レーザー光凝固術…網膜裂孔、網膜円孔の周囲をレーザーで焼いて固め、それ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。
ただし、網膜裂孔と違って網膜円孔はただちに網膜剥離に発展しないケースも多いため、経過観察となる場合もあります。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名