網膜格子状変性

網膜格子状変性の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査レーザー光凝固術をしております。
ご予約はこちら

網膜格子状変性とは

布をイメージするとわかりやすいかと思いますが、布が弱くなった部分はどんどん薄くなり、繊維のあみあみが見え、最終的に穴が開いてしまう場合があります。
網膜も薄くなってしまうとこのような状態になります。この疾患を網膜格子状変性(もうまくこうしじょうへんせい)と呼びます。

網膜格子状変性の主な特徴

網膜格子状変性は生まれつき持っているのではなく、小児期から青年期に徐々に形成されていきます。
その割合は全人口の5~6%で、その約半数が両目に発生すると言われています。
また近視の人で10%、強度近視では20%の頻度でこの変性が発生する事が認められています。

網膜格子状変性の主な検査方法

●視力検査

眼底検査…眼底の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。

OCT(光干渉断層計)…近赤外線を利用した眼底の検査機器で、これまで行えなかった網膜の断面の観察が出来るようになり、網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことができます。

網膜格子状変性の主な治療法

眼底検査の結果、網膜が薄くなっているだけでなく、穴(網膜円孔網膜裂孔)が開いている場合は、網膜剥離の原因となることがあるのでレーザー光凝固術をします。
穴が開いていない場合でも、片方の目が網膜剥離になったことがある場合には、網膜の格子状変性の部分をレーザー光凝固術をしたり、凍らせたり(冷凍凝固)して破壊します。

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
当院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

網膜・硝子体専門治療のWEB予約はこちら

■網膜・硝子体疾患一覧へ戻る■

網膜・硝子体専門外来担当医師

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

▼常勤医師

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名